神奈川県座間市 鈴鹿の泉湧水

鈴鹿の泉湧水


場所 神奈川県座間市

Google Mapで場所を表示 Yahoo! 地図で場所を表示 Mapfanで場所を表示

龍源院の北側に東から西に流れるせせらぎがあり、鈴鹿の泉というお名前が付いています。水源は柵に阻まれ草に覆われ眺めることが出来ないのが残念ですが。。

座間市ホームページの「湧水(ゆうすい)案内図」から以下に引用させていただきます。

龍源院の北側の段丘下から湧き出す湧水で、利用していた家の大部分が吉川姓であったため、通称「吉川の泉」と呼ばれていますが、現在も夏季には日量622トン、冬季には32トンほど湧き出しています。

この泉は、昔から周辺6世帯の井戸水に代わる大切な生活用水とともに、非常用の防火用水としても、昭和31年に水道が引かれるまで利用されてきました。

また、大正初期頃から終戦頃までの約30年間、関係者が共同組織をつくり、湧き出し口下の土地45坪程を龍源院から借りて開墾し、わさびの栽培をしていたといわれています。


龍源院の北側に細い道があります。この道を奥に進んだ前が鈴鹿の泉です。


進んでみますと、


鈴鹿の泉という標識があり、その先には進むことが出来ません。


柵越しに水源方面を撮ったものですが、草に覆われています。


Data

撮影日 2010/11/03


このページの参照:https://web.archive.org/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする