愛媛県松山市 杖ノ淵公園(状の淵公園)

杖ノ淵公園

場所 愛媛県松山市

弘法大師が杖を突き立てたら水が湧き出したのが名前の由来だそうです。

全国至る所に、弘法大師の杖突き一発で湧いたとされる水が存在するんですけど、この杖ノ淵を含め、その中の幾つかが名水百選に選定されています。


杖ノ淵公園の入り口です。西予市の観音水と同じく、これといった道路標識が無いので一回通り過ぎてしまいました。愛媛県の名水百選はどうも案内不親切です。

杖ノ淵公園の親水広場
参照:https://www.city.matsuyama.ehime.jp/shisetsu/koen/syoukai/jounohutikouen.html

水遊び場が整備されています。夏休み期間中のためでしょうか、お子様連れのご家族でにぎわってました。

杖ノ淵公園の池
参照:https://www.city.matsuyama.ehime.jp/shisetsu/koen/syoukai/jounohutikouen.html


さて、この水遊び場の右奥に「杖ノ淵」があります。

杖ノ淵公園の水路
参照:https://www.city.matsuyama.ehime.jp/shisetsu/koen/syoukai/jounohutikouen.html


杖ノ淵公園の入口
参照:https://www.city.matsuyama.ehime.jp/shisetsu/koen/syoukai/jounohutikouen.html


画像だと分かりにくいのですが、コンクリート造りの正方形の枠が池の底に3つ程埋め込まれています。 おそらくここが水源だと思われますが、目立った水のうねりは観察できませんでした。


さて、杖ノ淵の南側に喫茶店(「ていれぎ茶屋」というそうです)があり、


その奥に水汲み場があります。


ごらんの通り、水汲みに訪れた人で賑わっていました。
一口頂戴しましたが、とにかく美味しい。水に球体感があります。


ただ、こちらの水汲みには年会費の支払いが必要です。


杖ノ淵の湧き水を利用して「ていれぎ」の栽培が行われています。



「ていれぎ」とは、水草の名前で、学名オオバタケツケバナというそうです。正岡子規や高浜虚子の俳句の題材にもなっています。平成天皇が皇太子時代に、召し上がったこともあるそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする