天然水とRO水と水素水の違い



現在、さまざまな施設などでウォーターサーバーが設置されています。
家庭でも簡単に設置できるようになりました。

一括りでウォーターサーバーといっても会社によって水の種類や成分が異なります。お好みや用途に応じたお水選びが出来るのもウォータサーバーの魅力です。

一般的に、ウォーターサーバーで使用されている水は、
・天然水
・RO水
・水素水
のどちらかとなっています。

まず最初に、この『天然水』と『RO水』の違いを知っておくと、お得です。また、会社によっても天然水とRO水の製法が異なるため利用する前には調べて置くと良いです。

天然水はイメージしやすいですが、「RO水」とは、どのような水なのでしょうか。
今回はこの2つについて、それぞれの特徴をご紹介します。

天然水とは

天然水とは、特定の場所から採水された、濾過や沈殿、加熱殺菌以外の処理を行っていない地下水をいいます。
カルシウムなどのミネラルを多く含んでおり、採水地により味に違いがあるのが特徴です。

地中から湧き出た天然水をろ過し天然のミネラルが豊富です。富士山麓や南アルプスの天然水が有名で、その他にも各地の名水地など特定の水源を原水として採水された水があります。
ミネラル分は、ナトリウム、カリウム、カルシウムとマグネシウムなどが豊富です。

RO水とは

RO水とは、濾過に「RO膜」というものを使用した水のことをいいます。このRO膜を利用して濾過した水は、不純物が取り除かれた状態となります。
大量生産することが可能で、低価格で販売されるものが多いのが特徴です。

水素水

水素分子のガスを溶解させた水であり無味、無臭、無色のことである。
水素は水に、ごくわずかに溶けるといわれてます。

今、流行の水素水は安全で利用しやすいのが特徴です。
小さいお子さんから、アレルギー体質の方、持病がある方や誰でも利用しやすいのが魅力の1つです。

また、カロリーがないため身体には影響が、ほぼ無く、美容や健康、ダイエットなどにも利用されており、美味しくいただけます。ドラッグストアやコンビニなどで水素水に関連した商品も多く取り扱ってます。

安全性が高いのは

天然水、RO水、水素水ともに、不純物や健康に害のある物質は取り除かれています。
そのため安全性は、どちらも高いといわれています。

価格が安いのは

水の価格はメーカーにより違いがありますが、一般的にはRO水が安価となります。

まとめ

メーカーによっては、RO水に後からミネラルを配合していることもあります。そのため、RO水だからといってミネラル成分が含まれていないとは限りません。
安全性にも大きな違いがないことから、「天然水」「RO水」「水素水」のいづれかを選ぶかは、好みとなります。

おいしい水を飲みたい場合は天然水を、価格を重視したい場合はRO水をおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク