ウォーターサーバーの便利なポイント7つ



巷でウォーターサーバーを見かける事が多くなってきました。
ご自分の職場やご家庭でも導入しようとお考えの方も多いのはないでしょうか。
こちらでは、ウォーターサーバーの7つの便利なポイントをご紹介したいと思います。

ポイント1 美味しい水を気軽に飲める

1つ目のポイントは、美味しい水を職場やご家庭で気軽に飲める事です。
ウォーターサーバーを設置して専用のボトルをセットすれば、いつでもすぐに美味しい水が飲めるようになるのです。

現在ウォーターサーバーの水は、天然水とRO水の2種類が主流です。
天然水は水質のよい場所で採水しており、天然のミネラルを多く含んでいる美味しいお水です。
RO水は、河川の上流や海洋深層水または水道水を水源とし、RO膜で処理を行った水です。
一切の不純物を取り去り、純水に近い水になっています。
このRO水にミネラルを人工的に添加した水もあります。
どちらも水道水のようなカルキ臭さや塩素臭がなく、美味しい水です。

ポイント2 毎月宅配される

水は重いので、ミネラルウォーターを買いに行くのも一苦労だと思いますが、ウォーターサーバーの水は、毎月宅配されます。
多くの会社では専用のボトルを、月に2本から宅配してくれます。

1本のボトルには、8リットルから12リットル程度のお水が入っています。
ボトルのタイプには2種類あり、空になったボトルを回収するタイプと、リサイクルごみとして捨てるタイプがあります。

ポイント3 料理に美味しい水を使える

ウォーターサーバーの美味しい水は、飲むだけでなく料理にも利用出来ます。
お米を炊いたり、煮込み料理などに使う水は、料理の味をも左右します。
水道水を使うよりも、ウォーターサーバーの水を使った方が、美味しくなるのは当然です。
またミネラルを含む水で料理したものはまろやかでコクも出ます。

ポイント4 美味しいコーヒーやお茶が飲める

ウォーターサーバーは、水だけでなく80℃から90℃程度のお湯も出ます。
ですから蛇口をひねるだけで、すぐにコーヒーや紅茶・緑茶などが入れられます。
美味しい水で入れたコーヒーやお茶が、水道水で入れたものより美味しくなるのはもちろんです。

ポイント5 赤ちゃんのミルク作りに

ウォーターサーバーのお湯を使えば、赤ちゃんのミルクもすぐに作る事が出来ます。
粉ミルクを作るのに適したお湯の温度は70℃程度です。
一般的に水道水を沸かして作る場合、1度沸騰させたお湯を適温まで冷まし、そこで粉ミルクを入れて溶かし、さらに飲むのに適温の40℃程度まで冷ます事になります。

育児中はただでさえ忙しく、赤ちゃんがお腹が空かしている時などは特に、この手間は煩わしく感じる事でしょう。
その点、ウォーターサーバーのお湯で作る事で、ずいぶんと手間が省略できます。
また最近では、赤ちゃんのミルクを作るのに適温の70℃~75℃程度に調整できる機能のついたウォーターサーバーもあり大変便利です。

尚、赤ちゃんは腎機能が十分に発達していないため、ミルクを作るのにミネラルウォーターは使わない方が良いとされています。
一般的に日本のウォーターサーバーで使われる水は硬度100以下になっているため、赤ちゃんのミルクに使っても問題のないレベルであるとされています。
念のため赤ちゃんのいるご家庭では、お水の硬度を確認してから注文されると良いでしょう。

ポイント6 チャイルドロック機能がある

すぐに美味しい水やお湯が使えるのは便利ですが、小さいお子さんがいるようなご家庭では、蛇口をひねるだけで簡単に熱いお湯が出てくるのは危険な事でもあります。

そこで最近のウォーターサーバーのお湯の蛇口は、チャイルドロックが設置されている事がほとんどです。
使い方は各社それぞれですが、いずれも子どもが簡単にお湯を出す事ができないような仕様になっていますので、小さいお子様がいるご家庭でも安心してお使いいただけます。

ポイント7 備蓄水

大きな災害があり、水道水が使えなくなった場合、水の確保は大きな問題となります。
そういったケースに備えるため、各家庭である程度の量の水を確保しておく必要がありますが、ウォーターサーバーの水は、その備蓄水の役割も果たしてくれます。
東日本大震災の後、一般家庭でウォーターサーバーの導入が特に増えたのも、そういった理由からでしょう。

まとめ

ウォーターサーバーも最近は様々な工夫がされたものが増えています。
例を挙げると、水のボトルをサーバーの下部にセットするタイプの物が出て来ています。
これまでの多くは、サーバーの上部にセットするタイプでしたが、重いボトルを上まで持ち上げるのは、特に女性や高齢の方には大変な作業でした。
下部にセットするのであれば、これまでに比べて作業が楽になるでしょう。

また、お湯も水も両方とも2段階の温度設定が出来るタイプもあります。
デザインや色なども、色々なものがありますので、ご自分に合うサーバーを探してみていただきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク