ライフスタイルごとで選ぶウォーターサーバー



ご家庭や職場にウォーターサーバーを置く方は、年々増加傾向にあります。
ある調査によると、宅配水の市場規模は、2013年で前年と比べ約12%増の1031億円、2014年で同じく前年と比べ約6%増の1095億円です。
このように、ウォーターサーバーの市場は、食品と肩を並べるほどの規模へと成長しているのです。

ウォーターサーバーを取り扱う各社では、サーバーのデザインや機能性、そして価格を競い合い、規模のさらなる拡大を目指しています。
こちらでは、ライフスタイルごとのウォーターサーバーの選び方について、ポイントをお伝えいたします。

ライフスタイル1 一人暮らし

1人暮らしの方にお勧めするウォーターサーバーは、卓上タイプです。
床置きのタイプに比べ、設置のスペースを確保する必要がなく、圧迫感も少なくなります。
ただし、重さや横幅・奥行きは床置きと大差ないので、あらかじめ乗せる場所の耐重性などを確認しておく必要はあります。

また、月々の注文ノルマについても事前に確認が必要です。
ほとんどのウォーターサーバー会社では、毎月〇本以上の注文でサーバー利用料が無料になるというようなノルマがあります。
一人暮らしの場合、家族で使用する方に比べるとお水を使う量は少ないと思います。
ですから、できればノルマがないか、月に1本注文すればよいなどノルマが少ない会社を選ぶようにすると、負担が少なくなります。

ライフスタイル2 大家族

多くのウォーターサーバー会社のプランは、一つの世帯人数を3人から4人程度に設定しているため、5人以上の大家族の場合、お水が足りなくなってしまう事があります。
そこで、大家族の方に向けたプランを用意している会社もあります。
もし5人以上の大家族であれば、注文するボトル数が増えるほど、1本当たりの単価が下がるようなプランがある会社がお勧めです。

また、天然水とRO水を比べると、RO水の方が安い場合が多いようです。
それは水道水からも作る事が出来るRO水は原価が低いためですが、量を多く使用する大家族の場合には、こちらのRO水の方が経済的と言えるでしょう。

ひとつのボトルに入っている水の量は12リットルで、かなりの重さになります。
サーバーの上部に設置するタイプだと、持ち上げるのが大変なので、それでお困りの方は、サーバーの下部にボトルをセットするタイプを選ぶと、楽に設置できるのでお勧めです。

ライフスタイル3 赤ちゃんのいるご家庭

赤ちゃんのミルクを作る時、水道水を使うよりウォーターサーバーの水を使った方が安心だと考える方は多いでしょう。

赤ちゃんは腎機能がまだ十分に発達していません。
老廃物などを身体から排出する機能も未熟であり、ミネラルを多く摂り過ぎた場合には過剰摂取となってしまいます。
そのため、赤ちゃんのいるご家庭には、天然水よりもRO水をお勧めします。

RO水は殺菌処理だけでなく、RO膜(逆浸透膜処理)によって、ミネラルを含む不純物一切が除去されています。
ですからミネラルがほとんど含まれないか、含まれていたとしても天然水よりも少なくなります。
ただし、ミネラルを人工的に添加している水もあるため、事前に確認が必要です。

また、お湯の温度を赤ちゃんのミルクに適した設定にできるサーバーもありますので、そういった機能の付いたウォーターサーバーもお勧めです。

ライフスタイル4 健康や美容にこだわっている方

身体によいお水を飲みたいとお考えの方にお勧めなのが、バナジウム入りの水です。
バナジウムは人の身体に必ずしも必要ではないミネラルですが、元々体内に存在しています。
しかし最近の研究で、血糖値下げるインスリンと同様の働きをする事がわかって来ました。
血糖値を下げる事で、糖尿病や動脈硬化が予防できる効果が期待されるだけでなく、全身の血流も良くなり、むくみなども解消される事が期待出来ます。

ライフスタイル5 コーヒーや紅茶をよく飲む方

コーヒーは淹れる水の硬度によって味が変わると言われています。
ですからコーヒーを好んでよく飲まれる方は、ご自分の好みにあった味になるような硬度の水を選びましょう。
例えば硬水で淹れたコーヒーは苦みが強調されるとされており、逆に軟水で淹れたコーヒーはまろやかな酸味が出やすくなると言われています。

同じように紅茶も水によって出方が変わります。
紅茶を軟水で入れると、うまみ成分が溶け出し味が出やすく、透き通ったような明るい色になります。
一方、硬水で入れると、水のミネラル分と紅茶のうまみ成分が結び付いて、苦みが出てしまい、色も黒っぽくなってしまうのです。
ですから、一般的には紅茶には軟水が適していると言えますが、好みによっては苦みのある方が良いという方もいると思うので、そういう方は硬水を選んでもよいかもしれません。
紅茶の本場イギリスでは、ミルクティーの時には濃いめに入れて渋みを出して飲むようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク