ウォーターサーバガイド premium



失敗しないウォーターサーバーの選び方について

ウォーターサーバーを使いたいと思う理由は、人それぞれかと思います。
「美味しいお水・安全なお水が飲みたい」という方や、「お湯を沸かす手間を省きたい」「赤ちゃんのミルクを作るのに使いたい」という方もいらっしゃるでしょう。
しかし、使った事のない商品の契約というのは、なかなか難しいものです。
しかもウォーターサーバーは1度導入してしまったら、簡単に他の商品と交換というわけには行きません。
実際に使ってみたら思っていたものと違っていたというような事態にならないためにも、こちらの記事でしっかりと選ぶポイントを確認してから契約するようにしましょう。

ポイント1 お水の選び方について

ウォーターサーバーで扱う水の種類には、次の2つがあります。

  • 天然水
  • RO水

それぞれについてご説明します。

天然水

天然水とは読んで字のごとく天然のお水です。
富士山やアルプスの天然水が特に有名だと思います。
雨水が地下に染み入る過程でろ過されたものをくみ上げ、ろ過や沈殿または加熱処理によって殺菌し不純物を取り除いています。

また天然水の中にも3種類あります。

  • ミネラルウォーター
  • ナチュラルミネラルウォーター
  • ナチュラルウォーター

このうち、3つ目のナチュラルウォーター以外は天然のミネラルを含んでいる水です。
例えば富士山で汲み取る天然水には「バナジウム」というミネラルが含まれます。
バナジウムは、糖尿病の予防効果が期待されているミネラルです。
健康効果も期待する方や、自然の味わいを求める方には、天然水がお勧めです。

RO水

RO水とは、水道水や河川の水を「RO膜(逆浸透膜)」という特殊なフィルターを使ってろ過した水です。
RO膜は、ウィルスやダイオキシンなど、細菌や細かい不純物まで取り除いてくれるので、安全性がとても高い水になります。
また原水に大きなコストが掛からないため、価格がお手頃に設定されています。

ただし、RO膜でろ過する段階で水に含まれているミネラル分も取り除かれてしまいます。
そのため、ウォーターサーバーに使うRO水では、処理後にミネラルを添加するものもあります。
添加するミネラルは、その会社が独自にブレンドしたものや、あるいは海洋深層水をくみ上げてそこから取り出したミネラル分などが使われています。
安全な水が飲みたい方やコストを抑えたい方には、RO水がお勧めと言えます。

ポイント2 サーバーの選び方について

次はサーバーの選び方のポイントをお伝えします。

サーバーの機能

ウォーターサーバーの機能として、最低限ついていて欲しいのは温水や冷水が出るという事だと思います。
しかしその他にも、利用者が便利に使えるような様々な機能が付いているウォーターサーバーもあります。

その代表的なものは「チャイルドロック」です。
今では付いているのが当たり前にとなっていますが、解除の仕方が各メーカーによって異なっています。
ボタンを長押しするなどの単純な作業なものや、複雑な動きでコックを動かすものなど、様々です。
毎日使うものですからストレスなく使える必要がありますが、お子さんのいるご家庭では安全を第一に考え、少し複雑なチャイルドロックを選ぶようにしましょう。

その他の機能として、サーバーの自動クリーンがあります。
サーバーの内部を自動で除菌し衛生的に保ちます。
さらに電気代が気になる方にとっては、エコモード機能も大切でしょう。
これらの中でご自分が求める機能が付いているサーバーを選ぶようにして下さい。

サーバーのサイズ

ウォーターサーバーには、大きく分けて次の2つのタイプがあり、サイズが大きく異なります。

  • 床置きタイプ
  • 卓上タイプ

床置きタイプ

床置きタイプは床に直接設置するもので、大きいものだと高さが130cm程度もあります。
これは小学2・3年生位の平均身長ですので、人によってはかなりの圧迫感を感じるかもしれません。
また横幅や奥行きも、大きいものでは40cm程あります。
ですから契約前に設置場所に合わせた大きさであるかを、しっかりと確認する必要があります。
最近では省スペースの床置きタイプウォーターサーバーも出て来ていますので、ご自分の合ったサイズのものを探して見ましょう。

卓上タイプ

卓上タイプは、テーブルやカウンター、または棚の上に置いて使うタイプのサーバーです。
こちらを選ばれる時に注意する点は、サーバーの重さです。
置けるサイズであったとしても、重いもので17kg程あるので設置場所の耐重性も考える必要があります。
またあまり高い場所に置くのも、安全性の観点からお勧め出来ません。

ポイント3 ボトルと宅配方式の選び方について

水やサーバーの他にも、水のボトルのタイプや宅配方式についても確認しておく必要があります。

ボトルタイプ

水のボトルには大きく分けて次の4種類があります。

  • ワンウェイボトル
  • リターナブルボトル
  • パック
  • パックインボックス

この中でリターナブルボトルは水を使い終わった後、空のボトルを取っておいて次回の宅配時に回収してもらうタイプです。
それ以外のボトルは、空になったら潰してゴミとして処分します。
どちらもメリットデメリットがありますが、空のボトルを置いておくスペースがあるかどうかや、お住いの地域でのごみの分別方法や、ごみ袋が無料か有料かなどという事も影響してくるかと思います。

宅配方式

水の宅配で確認しておく事は、水が配達されるペースです。
水が無くなったらその都度注文する所と、定期的に指定した量の水を配達する所があります。
水の量を見ていちいち注文するのが面倒だと思う方には、定期的に配達される方式が良いでしょう。
一方、水の消費量が一定ではなく余らせてしまいそうな方は、都度注文して配達してもらう方が向いています。
ただし定期的な宅配方式であっても、「スキップ」して1回止めるという事が出来る業者もありますので、その点も含めて検討をして下さい。

ポイント4 費用について

ウォーターサーバーを選ぶ時に重要なポイントとなるのは、掛かる費用についてです。
ウォーターサーバーは継続してお金が掛かるものです。
単純に水の代金が安いからと選ぶと、後から後悔する事にもなり兼ねません。

水の値段

まずは水の値段です。
ボトル1本の金額や、500mlあたりの金額を見て決める方が多いかもしれませんが、注意する事があります。
それは最低注文数についてです。
多くの業者で1回の最低注文数が決められています。
大抵の場合、2本以上や3本以上という決まりがあり、沢山注文するほど1本あたりの金額が安くなるところもあります。
また、1本のボトルに入っている水の量も、7~8Lのものから12Lまでのものまで幅広くなっています。
ご自分が1か月にどの位の量の水を消費するのかを把握し、それに合ったお手頃な水を見つけるようにしましょう。

サーバーのレンタル料

サーバーは無料レンタルという業者も多く、そういう場合には月々の支払いは水代だけです。
しかし、多機能なものやデザイン性が高いものなどは、別途レンタル料が発生するケースもあります。
レンタル料は月々掛かるものですので、1年間で考えるとかなり大きな金額になる事もあります。
それを支払ってまでもそのサーバーが必要かどうかを、よく考えてみる必要があります。

メンテナンス料

サーバーのレンタル料が無料であっても、1年または2年に1度メンテナンス料が必要となるケースもあります。
だいたい5千円程度の事が多いですが、水の料金やレンタル料に予めメンテナンス料を含んでいるウォーターサーバーもあるので、どちらが良いか考えて契約する方が良いでしょう。

まとめ

ここまで様々な観点から、ウォーターサーバーの選び方のポイントをお伝えして来ました。
しかし、全てが理想通りのウォーターサーバーというのもなかなかないかもしれません。
まずは自分の求めるウォーターサーバーの条件を1度書き出してみて、その中で優先度を決めてみる事をお勧めします。
どの部分は絶対に譲れず、どの部分は妥協できるのかを明らかにしておくと、数あるウォーターサーバーの中から最も理想に近いものを選び出すのに役に立つと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク